各テーマをクリックすると都道府県別ランキングページに移ります






じゃがいも(ジャガイモ) 都道府県別 収穫量・出荷量ランキング 2014年公表


じゃがいもの収穫量、全国1位は北海道、全国の8割を占める

じゃがいも(ジャガイモ/ばれいしょ)とは
ジャガイモはナス科ナス属の植物で、馬鈴薯(ばれいしょ)とも呼ばれます。ジャガイモの起源は、南米のアンデス山脈高地とされています。全世界におけるジャガイモの生産量は主食となるイモ類の中ではもっとも多くなります。ジャガイモは、地下の茎の部分を食用にし、ビタミンC、葉酸、カリウムなどを豊富に含んでいます。
日本には100品種近くのジャガイモが品種登録されており、男爵薯(だんしゃくいも)、メークイン、コナフブキ、キタアカリなどの種類があります。

年度別 じゃがいもの収穫量と出荷量
2014年公表によると、2013年のジャガイモの収穫量は2,364,000tで、前年産に比べて、83,000tの減少、出荷量も1,968,000tで前年産に比べて、53,000tの減少となりました。

年度別  じゃがいも(春植え馬鈴薯)の収穫量と出荷量
年度 収穫量 (t) 出荷量 (t) 作付面積 (ha)
平成16年産 2842000 2326000 84200
平成17年産 2712000 2215000 84000
平成18年産 2590000 2104000 83600
平成19年産 2828000 2340000 84500
平成20年産 2697000 2218000 82000
平成21年産 2412000 1967000 80300
平成22年産 2237000 1824000 79600
平成23年産 2339000 1925000 78000
平成24年産 2447000 2021000 78300
平成25年産 2364000 1968000 76900
農林水産省 2014年公表


都道府県別 じゃがいもの収穫量ランキング 2014
都道府県別、ジャガイモの収穫量、日本一は北海道で、1,880,000tとなり、全国の8割を占めます。2位は長崎県で82,900 t、3位は鹿児島県で78,100 tと続きます。因みに北海道は前年度に比べて3%の減少となりました。

都道府県別 じゃがいも収穫量ランキング一覧 2014
じゃがいも(春植え馬鈴薯)収穫量及び出荷量(平成25年産)

収穫量 (t) 出荷量 (t) 対前年産比 結果樹面積(ha)
収穫量(%) 出荷量(%)
ランキング 全国 2364000 1968000 97 97 76900
1 北海道 1880000 1673000 97 97 52500
2 長崎 82900 72200 94 94 2900
3 鹿児島 78100 70100 104 106 3830
4 茨城 41700 34400 95 95 1470
5 千葉 29100 24100 91 91 1280
6 長野 23100 1760 93 84 1150
7 福島 20600 2590 94 91 1170
8 青森 18600 13400 89 87 884
9 静岡 14200 11700 93 94 610
10 埼玉 13300 3920 94 94 760
11 熊本 13100 9190 106 104 605
12 宮崎 12500 11500 92 94 477
13 新潟 12100 2660 92 94 675
14 栃木 10600 3080 97 99 586
15 秋田 9680 2010 92 118 633
16 神奈川 8920 4730 93 93 435
17 宮城 8150 1060 108 125 570
18 群馬 7920 1890 87 86 406
19 岩手 7500 921 89 97 401
20 広島 5410 1170 108 115 376
21 東京 5090 2790 89 89 271
22 福岡 4570 1140 102 109 313
23 福井 4130 489 96 96 336
24 石川 3750 512 94 85 295
25 岐阜 3510 1110 103 130 288
26 兵庫 3500 740 88 89 354
27 山形 3470 435 69 61 239
28 愛知 3320 2050 86 90 284
29 山梨 3050 1200 84 123 315
30 佐賀 3000 2090 102 106 142
31 愛媛 2950 702 107 111 215
32 岡山 2840 569 98 112 235
33 三重 2700 1730 96 93 181
34 島根 2560 452 98 97 174
35 鳥取 2490 417 98 100 178
36 山口 2260 738 98 94 169
37 富山 2040 208 90 86 126
38 京都 1970 859 93 93 217
39 徳島 1860 930 89 86 120
40 奈良 1710 620 85 85 169
41 大分 1470 533 110 108 115
42 滋賀 1460 211 84 74 158
43 高知 1240 786 98 98 103
44 大阪 788 515 104 105 71
45 和歌山 658 231 93 95 65
46 香川 616 135 80 71 78
47 沖縄 - - - - -
農林水産省 2014年公表




【野菜の収穫量ランキング>じゃがいもの収穫量日本一の最新記事】

キウイフルーツ 都道府県別 出荷量・収穫量ランキング 2013年公表


キウイフルーツの収穫量、全国1位は愛媛県、2位は福岡県

キウイフルーツとは
キウイフルーツはマタタビ科マタタビ属で、国内の収穫時期は12月〜4月です。種類はグリーンキウイ ゴールドキウイ グリーンキウイ レインボーレッドキウイなどがあり、特にグリーンキウイとゴールデンキウイは店頭で見かけます。キウイフルーツにはビタミンC、食物繊維、葉酸などの栄養素が豊富に含まれており、風邪や生活習慣病などに効果があるといわれています。

年度別 キウイフルーツの収穫量と出荷量
2013年公表によると、2012年のキウイフルーツ収穫量は29800tで前年産に比べて3700t、出荷量は25500tで前年産に比べて3600tの増加となりました。

年度別  キウイフルーツの収穫量と出荷量
年度 収穫量 (t) 出荷量 (t)
平成16年産 29100 23400
平成17年産 36400 30000
平成18年産 32500 26500
平成19年産 32800 27300
平成20年産 38400 32400
平成21年産 35000 29900
平成22年産 26500 22400
平成23年産 26100 21900
平成24年産 29800 25500
出典 農林水産省 2013年7月公表


都道府県別 キウイフルーツの収穫量ランキング 2013
都道府県別、キウイフルーツの収穫量、日本一は愛媛の7400tで、全国の約22%を占めます。2位は福岡県の5410t、3位は和歌山県の3560tと続きます。

キウイフルーツ 収穫量及び出荷量 (平成24年産)

収穫量 (t) 出荷量 (t) 対前年産比 結果樹面積(ha)
収穫量(%) 出荷量(%)
ランキング 全国 29800 25500 114 116 2240
1 愛媛 7400 6890 113 114 423
2 福岡 5410 5040 131 132 294
3 和歌山 3560 3270 122 123 151
4 神奈川 1950 1770 107 111 150
5 静岡 1610 1210 90 90 141
6 山梨 1100 912 106 106 61
7 栃木 980 700 105 108 71
8 佐賀 951 843 109 108 71
9 大分 588 506 111 112 49
農林水産省 2013年7月公表




梅(ウメ/うめ) 都道府県別 出荷量・収穫量ランキング 2014年公表


梅の収穫量、全国1位は和歌山県。全国の6割を占める。

梅とは
梅はバラ科アンズ属で収穫時期は5〜6月頃になります。梅は中国が原産で、日本へは奈良時代に中国から伝わったといわれています。果実を干した梅干しが最も有名で、他にも梅酒やジャムなどにも用いられます。梅にはクエン酸やリンゴ酸が含まれており、疲労回復に効果があります。また、梅干しには有機酸が多く含まれており、殺菌効果があります。 梅の品種には南高、古城、白加賀梅、甲州小梅などがあります。

年度別 梅の収穫量と卸売価格
2014年公表によると、2013年の梅の収穫量は全国で123700tとなり前年産に比べて33700t、出荷量は107400tで前年産に比べて29300tの増加となりました。前年度は開花期の天候不順の影響により減少しましたが、今年度は天候に恵まれたことが収穫量の増加につながりました。卸売価格は262円/kgで、前年度より188円/kg安くなりました。

年度別  梅(ウメ/うめ)の収穫量と卸売価格
年度 収穫量 (t) 出荷量 (t) 卸売価格(円/kg)
(6月)
平成16年産 113600 95600 445
平成17年産 123000 105100 393
平成18年産 119700 101100 279
平成19年産 120600 102800 264
平成20年産 121000 103600 335
平成21年産 115200 99700 340
平成22年産 92400 79700 379
平成23年産 106900 92700 350
平成24年産 90000 78100 450
平成25年産 123700 107400 262
出典 農林水産省 2014年公表


都道府県別 梅の収穫量ランキング 2014
都道府県別、梅の収穫量、日本一は和歌山の5130tで、全国の6割を占めます。2位は群馬の1060t、3位は福井の496tと続きます。温暖な気候に恵まれた和歌山県の紀南地方は良質の梅として有名です。

うめ(ウメ/梅) 収穫量及び出荷量 (平成25年産)

収穫量 (t) 出荷量 (t) 対前年産比 結果樹面積(ha)
収穫量(%) 出荷量(%)
ランキング 全国 16200 123700 107400 137 138
1 和歌山 5130 79000 76100 144 143
2 群馬 1060 5590 4850 130 133
3 福井 496 2060 1880 113 113
4 神奈川 415 1950 1680 101 101
5 奈良 360 1900 1840 70 71
6 徳島 224 793 639 121 122
農林水産省 2014年公表