各テーマをクリックすると都道府県別ランキングページに移ります






日本の人口 2015年   都道府県別 人口ランキング
人口が一番少ない都道府県は? 男性の人口/女性の人口/将来の人口予想


日本の人口推移 : 日本の人口は4年連続で減少。20年後は1億1200万人と予想。
日本の人口 : 日本の人口は1億2840万人。男性に比べて女性の方が316万人多い。60歳以上の人口は全体の約30%。
都道府県別 人口ランキング : 人口の最も多い都道府県は東京で1320万人。人口が一番少ない都道府県は鳥取県の58万人。


日本の人口ランキング  2015年(平成27年)公表
全国の人口ランキングです。尚、日本の総人口とは日本人及び3か月以上住んでいる外国人を含みます。また、観光などでの滞在は含まれません。
日本の総人口は1億2843万8348人で、4年連続の減少となります。男女の内訳は男性の人口6263万人に比べて女性の人口は6580万人となり316万人多くなります。また、60歳以上の人口は4122万人で全体の約30%となります。

日本の人口推移と将来の人口予想 / 男女別総人口の推移(2004年〜2013年)
日本の人口は減少傾向にあり、東京オリンピックの行われる2020年には1億2400万人、20年後の2035年には1億1200万人と予想されます。男女別の人口では、男性の人口は7年連続の減少、女性の人口は4年連続の減少となりました。

男女別総人口の推移
日本の人口  男女別総人口の推移と将来の人口予想
年次 総人口(単位:千人)
総人口 増減数
2004年(平成16年) 127787 62380 65407 93
2005年(平成17年) 127768 62349 65419 -19
2006年(平成18年) 127901 62387 65514 133
2007年(平成19年) 128033 62424 65608 132
2008年(平成20年) 128084 62422 65662 51
2009年(平成21年) 128032 62358 65674 -52
2010年(平成22年) 128057 62328 65730 26
2011年(平成23年) 127799 62184 65615 -259
2012年(平成24年) 127515 62029 65486 -284
2013年(平成25年) 127298 61909 65388 -217
将来人口予想
2015年(平成27年) 126597 61499 65098 -351
2020年(平成32年) 124100 60146 63954 -589
2025年(平成37年) 120659 58337 62322 -744
2030年(平成42年) 116618 56253 60364 -847
2035年(平成47年) 112124 53980 58144 -931
出典:「人口推計」(総務省統計局)


都道府県別 人口ランキング 2015年公表
都道府県別の人口ランキングです。
人口の最も多い都道府県は東京の1320万人で、人口の増加率は0.54%の増加となります。2位は神奈川県の910万人で人口の増加率は0.12%の増加、3位は大阪府の887万人で人口の増加率は0.09%の減少となります。 人口の増加した都道府県は東京都、神奈川県、愛知県、埼玉県、福岡県、宮城県、沖縄県の7都道府県のみです。また、最も人口の減少した都道府県は秋田県で、増加率は−1.22%の減少となります。次いで青森県の−1.01%、山形県の−0.96%と東北の3県が下位を占めました。

都道府県別 人口ランキング 2015公表
日本の人口 2015年  都道府県別 人口ランキング&男性、女性の人口 平成26年公表
順位 都道府県名 総人口 人口増加率(%)
合計 128438348 62638293 65800055 -0.19
1 東京都 13202037 6520890 6681147 0.54
2 神奈川県 9100606 4557660 4542946 0.12
3 大阪府 8878694 4302152 4576542 -0.09
4 愛知県 7478606 3743655 3734951 0.12
5 埼玉県 7288848 3655713 3633135 0.18
6 千葉県 6247860 3121248 3126612 -0.02
7 兵庫県 5655361 2716545 2938816 -0.26
8 北海道 5463045 2584535 2878510 -0.53
9 福岡県 5118813 2430718 2688095 0.09
10 静岡県 3803481 1876932 1926549 -0.53
11 茨城県 2993638 1496794 1496844 -0.44
12 広島県 2876300 1391174 1485126 -0.28
13 京都府 2585904 1241455 1344449 -0.3
14 新潟県 2354872 1141402 1213470 -0.69
15 宮城県 2329439 1135266 1194173 0.1
16 長野県 2160814 1052516 1108298 -0.55
17 岐阜県 2098176 1019826 1078350 -0.56
18 群馬県 2019687 997422 1022265 -0.46
19 栃木県 2010272 1000267 1010005 -0.33
20 福島県 1976096 964124 1011972 -0.7
21 岡山県 1945208 937274 1007934 -0.31
22 三重県 1868860 911909 956951 -0.45
23 熊本県 1825686 862439 963247 -0.37
24 鹿児島県 1703126 800378 902748 -0.58
25 沖縄県 1448358 713684 734674 0.46
26 山口県 1443146 682990 760156 -0.77
27 愛媛県 1436527 679888 756639 -0.69
28 長崎県 1424533 668501 756032 -0.77
29 滋賀県 1421779 700641 721138 0
30 奈良県 1403034 668495 734539 -0.48
31 青森県 1367858 648210 719648 -1.01
32 岩手県 1311367 629528 681839 -0.68
33 大分県 1197854 567885 629969 -0.57
34 石川県 1163380 561756 601624 -0.32
35 山形県 1151318 553083 598235 -0.96
36 宮崎県 1142486 539582 602904 -0.5
37 富山県 1091612 527097 564515 -0.61
38 秋田県 1070226 504302 565924 -1.22
39 和歌山県 1012236 479267 532969 -0.79
40 香川県 1010028 486601 523427 -0.43
41 山梨県 861615 421772 439843 -0.7
42 佐賀県 852285 403582 448703 -0.49
43 福井県 808229 391335 416894 -0.62
44 徳島県 782342 372893 409449 -0.76
45 高知県 754275 355110 399165 -0.91
46 島根県 711364 339502 371862 -0.77
47 鳥取県 587067 280295 306772 -0.71
出典:「人口推計」(総務省統計局)
2014年(平成25年1月1日から同年12月31日までの住民基本台帳人口)
人口増減率=人口増減(前年10月〜当年9月)÷前年10月1日現在人口×100   *人口増減=自然増減+社会増減




posted by popfivecity at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の人口ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都道府県別 65歳以上の人口ランキング | 高齢者の多い県、高齢者の少ない県 2014年公表


日本の高齢者人口は3189万8000人。日本人の4人に1人が65歳以上の高齢者。
高齢者(65歳以上)の最も多い県は東京、高齢者の最も少ない県は鳥取県。
100 歳以上の人口は55000人


日本の高齢者人口(65歳以上) 2014公表
日本の65歳以上の人口は3189万8000人で、前年に比べ110万5000人の増加となっています。また、日本の人口に対する65歳以上の割合は25.1%で、4人に1人が65歳以上の高齢者という事になります。男女別でみると、男性の高齢者人口が1370万3000人、女性の高齢者人口が1819万5000人で、女性の方が439万2000人多くなります。
因みに100歳以上の人口は55000人です。内訳は男性7000人 、女性48000人で圧倒的に女性の方が100 歳以上の人口が多くなります。

日本の100歳以上の人口
日本の100歳以上の人口 2013年(平成24年)
全国
55000人 7000人 48000人


都道府県別 65歳以上の人口ランキング 2014公表
都道府県別の65歳以上の高齢者ランキングです。
65歳以上の高齢者人口が最も多い都道府県は東京で291万4000人です。2位は大阪府で218万4000人、3位は神奈川県で203万3000人と続きます。65歳以上の高齢者人口が最も少ない県は鳥取県で16万3000人、続いて福井県で21万4000人となります。日本の人口に対する65歳以上の割合では秋田県が最も高く31.6%、続いて高知県の31.1%、島根県の30.9%となり、3県で30%を超えました。また、最も低いのは沖縄県の18.4%でした。 都道府県の半数以上で65歳以上の高齢者人口の割合が15歳未満の年少人口の割合の2倍以上となりました。

都道府県別 65歳以上の人口ランキング 2014公表
都道府県別 65歳以上の人口 2013年(平成24年)
順位 都道府県名 (単位 :千人) 15歳未満人口割合
対総人口(%)
全国 31898 13703 18195 25.1
1位 東京都 2914 1255 1659 21.9
2位 大阪府 2184 950 1234 24.7
3位 神奈川県 2033 907 1126 22.4
4位 愛知県 1662 741 921 22.3
5位 埼玉県 1661 757 904 23
6位 千葉県 1505 681 824 24.3
7位 北海道 1469 612 857 27
8位 兵庫県 1408 606 802 25.3
9位 福岡県 1230 503 726 24.2
10位 静岡県 966 422 545 26
11位 広島県 743 314 429 26.2
12位 茨城県 728 325 403 24.8
13位 京都府 676 288 387 25.8
14位 新潟県 655 275 380 28.1
15位 長野県 600 259 341 28.3
16位 宮城県 553 236 317 23.8
17位 岐阜県 539 235 304 26.3
18位 福島県 524 220 304 26.9
19位 岡山県 524 222 302 27.1
20位 群馬県 512 224 289 25.8
21位 熊本県 491 200 291 27.2
22位 栃木県 480 209 271 24.2
23位 三重県 480 208 273 26.2
24位 鹿児島県 467 190 277 27.8
25位 山口県 429 175 253 30.2
26位 愛媛県 404 166 238 28.8
27位 長崎県 390 157 233 27.9
28位 青森県 373 150 223 27.9
29位 岩手県 372 152 220 28.7
30位 奈良県 369 160 209 26.7
31位 大分県 337 139 198 28.6
32位 山形県 332 138 194 29.1
33位 秋田県 331 133 199 31.6
34位 滋賀県 319 140 179 22.5
35位 宮崎県 310 127 182 27.6
36位 富山県 309 129 179 28.7
37位 石川県 302 127 175 26.1
38位 和歌山県 288 120 168 29.4
39位 香川県 277 118 159 28.1
40位 沖縄県 260 112 148 18.4
41位 高知県 232 94 138 31.1
42位 山梨県 225 97 128 26.5
43位 徳島県 224 93 131 29.1
44位 佐賀県 219 89 131 26.1
45位 島根県 217 89 128 30.9
46位 福井県 214 90 124 27
47位 鳥取県 163 66 97 28.2
出典:「人口推計」(総務省統計局)




posted by popfivecity at 17:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日本の人口ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都道府県別 15歳未満の人口ランキング | 子供の多い県、子供の少ない県 2014年公表


15歳未満の人口は1639万人、日本の人口に対する割合は12.9%で過去最低。
子供(15歳未満)の最も多い県は東京、子供(15歳未満)の最も少ない県は鳥取県


日本の15歳未満人口(0〜14歳) 2014公表
15歳未満の人口は1639万人で、前年に比べ15万7000人の減少となっています。また、日本の人口に対する15歳未満の割合は12.9%で、過去最低となっています。性別で見ると、男性は839万5000人、女性は799万6000人で男性の方が39万9000人多い結果となりました。

都道府県別 15歳未満の人口ランキング 2014公表
都道府県別の15歳未満の人口ランキングです。
15歳未満の人口が最も多い都道府県は東京で150万3000人です。2位は神奈川県で117万人、3位は大阪府で113万8000人と続きます。15歳未満の人口が最も少ない県は鳥取県で7万6000人、続いて高知県の8万8000人となります。
15歳未満の人口の割合をみると、最も高いのは沖縄県の17.6%。2位は滋賀県の14.8%です。逆に15歳未満の人口の割合が最も低いのは秋田県の10.9%でした。
因みに表にはありませんが、15〜64歳の生産年齢人口の割合が最も高いのは東京都で66.8%です。

都道府県別 15歳未満の人口ランキング 2014公表
都道府県別 15歳未満の人口 2013年(平成24年)
順位 都道府県名 (単位 :千人) 15歳未満人口割合
対総人口(%)
全国 16390 8395 7996 12.9
1位 東京都 1503 769 735 11.3
2位 神奈川県 1170 599 571 12.9
3位 大阪府 1138 582 556 12.9
4位 愛知県 1049 538 511 14.1
5位 埼玉県 934 479 455 12.9
6位 千葉県 785 402 382 12.7
7位 兵庫県 741 379 362 13.3
8位 福岡県 687 352 335 13.5
9位 北海道 630 321 309 11.6
10位 静岡県 496 255 241 13.3
11位 茨城県 382 196 186 13
12位 広島県 380 195 185 13.4
13位 京都府 326 167 159 12.5
14位 宮城県 299 153 146 12.9
15位 新潟県 287 147 140 12.3
16位 長野県 283 145 138 13.3
17位 岐阜県 279 143 136 13.6
18位 群馬県 262 134 128 13.2
19位 栃木県 260 134 126 13.1
20位 岡山県 258 133 125 13.4
21位 沖縄県 249 127 122 17.6
22位 福島県 246 126 120 12.6
23位 熊本県 246 126 120 13.6
24位 三重県 245 125 120 13.4
25位 鹿児島県 229 117 111 13.6
26位 滋賀県 209 107 102 14.8
27位 長崎県 185 95 91 13.3
28位 愛媛県 178 91 87 12.7
29位 山口県 177 90 87 12.5
30位 奈良県 176 90 86 12.7
31位 青森県 159 81 78 11.9
32位 岩手県 159 82 77 12.3
33位 宮崎県 155 79 76 13.8
34位 石川県 154 79 75 13.3
35位 大分県 152 78 74 12.9
36位 山形県 142 73 69 12.4
37位 富山県 135 69 66 12.6
38位 香川県 129 66 63 13.1
39位 和歌山県 121 62 59 12.4
40位 佐賀県 120 61 58 14.3
41位 秋田県 115 58 56 10.9
42位 福井県 108 55 53 13.6
43位 山梨県 108 55 53 12.7
44位 徳島県 93 48 45 12
45位 島根県 89 46 43 12.7
46位 高知県 88 45 43 11.8
47位 鳥取県 76 39 37 13.1
出典:「人口推計」(総務省統計局)




posted by popfivecity at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の人口ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする