各テーマをクリックすると都道府県別ランキングページに移ります






びわ(ビワ/枇杷) 都道府県別 出荷量・収穫量ランキング 2014年公表


びわの収穫量、全国1位は長崎県、2位は千葉県

びわとは
ビワはバラ科ビワ属で収穫時期は5月〜6月頃になります。ビワにはベータカロテンやベータクリプトキサンチン、葉にはアミグダリンやクエン酸などが多く含まれています。ビワの品種は茂木、田中、大房などがあり、生食される他にゼリーやジャム、果実酒など様々な用途で食されます。

年度別 びわ収穫量と卸売価格
2014年公表によると、2013年のビワ収穫量は4960tで前年産に比べて1720t、出荷量は4110tで前年産に比べて1450tの増加となりました。前年度は果実肥大期の低温の影響により減少しましたが、今年度は果実肥大期に被害が少なかったことで増加となりました。卸売価格は818円/kgで、前年度より279円/kg安くなりました。

年度別  びわ(ビワ/枇杷)の収穫量と卸売価格
年度 収穫量 (t) 出荷量 (t) 卸売価格(円/kg)
(5月〜6月)
平成16年産 6470 5080 871
平成17年産 6730 5380 879
平成18年産 6100 4880 922
平成19年産 5710 4590 866
平成20年産 7110 5780 752
平成21年産 6650 5410 761
平成22年産 5700 4680 855
平成23年産 5300 4350 872
平成24年産 3240 2660 1097
平成25年産 4960 4110 818
出典 農林水産省 2014年公表


都道府県別 びわ収穫量ランキング 2014
都道府県別、ビワの収穫量、日本一は長崎県の1730tです。2位は千葉県の556t、3位は鹿児島県の435と続きます。長崎県のビワ収穫量は全国の35%を占め、2位の千葉県の3倍以上となります。

びわ(ビワ/枇杷) 収穫量及び出荷量 (平成25年産)

収穫量 (t) 出荷量 (t) 対前年産比 結果樹面積(ha)
収穫量(%) 出荷量(%)
ランキング 全国 4960 4110 153 155 1490
1 長崎 1730 1540 204 205 530
2 千葉 556 512 103 102 164
3 鹿児島 435 315 152 168 174
4 香川 409 343 148 152 77
5 愛媛 396 336 127 128 88
6 和歌山 280 241 149 151 54
7 兵庫 166 137 114 114 45
農林水産省 2014年公表




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。